大和市は以前からサッカーが盛んで、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)が初優勝した2011年の女子ワールドカップでは大野、川澄、上尾野辺の3選手が日本代表として参加した。このような背景もあり、大和市役所は2011年に「女子サッカーのまち」プロジェクトの一環として同市内のクラブチーム大和シルフィードの強化に関わった。また、県立大和高校女子サッカー部は、毎年県上位校として活躍しており、2015年度からは関東LigaStudentリーグにも参加し、各上の関東上位校、大学チームにチャレンジを続けている。